今週は上絵講座〜。

今週は上絵講座でした!
b0398686_16591494.jpg

一週間毎日開催していました。
各クラス2名〜3名くらいの参加者で、ゆったりと講座を進められて有意義な時間でした^ ^

今年から業者さんの生地を購入する事が出来るようになりました。手作業では作れない型物の生地に絵を描けるので、ウキウキですね♪


b0398686_17064173.jpg
絵具の説明を聞いてから、箸置きで練習。

その後、個々の作業に移っていきます。

皆さん図案をちゃんと考えて来ています。優秀です!


b0398686_17080223.jpg

b0398686_17080443.jpg
細かい図案の場合、時間がいくらあっても足りませんのでカーボン紙で写す作業を宿題にする方も…。

最初の焼成日は12月19日です。
それまで皆さんコツコツと頑張って下さい^ ^


[PR]
# by tabibitonoki_i44 | 2018-12-02 16:58 | 講座 | Comments(0)

天上のリズム。

以前から何度かブログに書いていますが、私は『ガタム』というインドの壺太鼓を作っています。

ガタムの演奏家でヴィックゥ・ヴィナーヤクラームという、インドの人間国宝でグラミー賞も受賞されているというとても有名な方がいらっしゃいます。

そのヴィックゥジー(『ジー』というのはインドの敬称)が日本に演奏にいらっしゃっているのですが、私のガタムに興味を持って下さり、買いたいとまで言って下さり、わざわざ教室に足を運んで下さいました。

お弟子さんである竹原幸一さんからの『今から行っても良いですか』の突然の電話に緊張して脇汗が止まらない私。

たびびとの木に現れたヴィックゥジーは想像していたよりもとても小柄な方でした。しかしガタムを叩く指と音は力強く…。
白いインド服に赤いジャケットが素敵。


b0398686_16251265.jpg
またとない機会なので一緒に写真を撮ってもらいました!

せめて前日に分かっていたらちゃんと化粧して来たのに。樋口痛恨のミス!!



ガタムを3個買って下さり、推薦状もその場で書いて下さいました。
b0398686_16285628.jpg
耳元をよく見るとピアスがガタムの形でお洒落です。


b0398686_16314741.jpg
サインにもガタム!
なんと可愛らしい…!!


⬇︎余談ですが私の名刺も壺なんです笑
b0398686_16380561.jpg




b0398686_08465270.jpg

この推薦状と写真は額に入れて教室に飾ります。
レジェンドのお墨付きを頂いたガタムですので安心してご購入下さい、という事で^ ^




その後ヴィックゥジーの滞在先にお邪魔しました。
私のガタムが神様にお供えしてあり感激。飾ってある写真はインドの神様です。
b0398686_17524245.jpg



2日後に船堀タワーホールで行われたコンサートも素晴らしかったです。



左のカンジーラという楽器(ヘビ皮のタンバリン)を演奏しているのはヴィックゥジーのお孫さん。
右のモールシン(口琴)を演奏しているかたが直弟子の竹原さんです。

演奏を聴くと、皆さん長年に渡って並々ならぬ研鑽を積まれている事が素人の私にも分かります。
そしてヴィックージーの演奏するガタム、私の知ってる音と違う!!ガタムが名機だからなのか、演奏の上手さなのか、多分両方ですね。一見ピアノでも弾いているかのような軽いタッチなのに、出てくる音のキレが凄い。


音楽に感動すると同時に『自分ももっと頑張ろう』と気持ちが引き締まりました。年齢と体力のせいにしちゃいけない。


陶芸と教室の事しか考えていない私ですが、たまにこうゆう時間を持つことは生きていく上でも大切ですね^ ^


ヴィックゥジーにお墨付きを頂いて完全に調子に乗った私はガタムのウェブショップを開こうと目論んでいます。その為に気合い入れて在庫を作らねば…!!





[PR]
# by tabibitonoki_i44 | 2018-11-25 16:05 | ガタム | Comments(0)

雑誌掲載

23日の金曜日はお休みです。

b0398686_21350737.jpg
『素敵なあの人のシングルライフ』という雑誌にたびびとの木をちょこっと載せて頂きました。

素敵シニア女性の素敵ライフが盛りだくさんで、見入ってしまいました。

私も、歳を重ねてもずっと陶芸やっていたいなと改めて思いました。

還暦過ぎて夢中になれる事があるのは幸せですね。



[PR]
# by tabibitonoki_i44 | 2018-11-21 21:34 | 掲載 | Comments(0)

上絵ワークショップのお知らせです。

11月27日から始まる上絵講座ですが、今年は講座の中でワークショップをやりたいと思います。

講師の作品と同じ図案を、講師と一緒に1日かけて描きます。
『こんな難しい絵は描けない!』と思った方。型紙をカーボン紙で写して描くのでご安心下さい^ ^


◆象と青海波(担当:樋口)
エキゾチックな象と、日本の伝統文様青海波の組み合わせ。
和絵具と赤絵を組み合わせて、華やかでありつつもスッキリとした仕上がり。

日時:12月8日(土)10時30分〜16時
※昼休憩は任意
b0398686_18263387.jpg




◆古九谷文様(担当:若菜)
上絵をやったことのある方なら一度はやってみたいと思う古九谷の総柄。
小さい皿ですが、バリバリの九谷文様を心ゆくまで堪能できます。

12月15日(土)10時30分〜16時
※昼休憩は任意
b0398686_18283916.jpg


上絵講座にお申込み頂いている方は、生地と焼成費のみでご参加頂けます。

ワークショップのみご参加の場合は4,320円(講習費、材料費)頂きます。
筆は教室のをお使い頂けます。(持ち込みも可能です)
外部の方はお電話でお申込み下さい。
03-5676-8861



[PR]
# by tabibitonoki_i44 | 2018-11-17 18:14 | Comments(0)

干支の絵皿。

新しくなった高島屋で、九谷焼の干支の絵皿を見つけました。

たびびとの木でも干支の置物は毎年作るのですが、絵皿は需要がないような気がしたので作らずにいました。

しかし高島屋の九谷絵皿はオシャレでトボけた感じが可愛かったので、
『絵柄によっては干支の絵皿も喜ばれるかもしれないな』
と思い、教室に行ってから早速描いてみました。

b0398686_21140258.jpg
とりあえず来年のイノシシと、次年のネズミを描いてみた。

意識的に脱力系。


上絵の生地に描いてみるとこんな感じ。
b0398686_21144566.jpg
シンプルでなかなか良いような気がします。

上絵講座に参加される方は是非チャレンジしてみてください^_^

来年のお正月の手塩皿にピッタリです。

[PR]
# by tabibitonoki_i44 | 2018-11-16 21:07 | 講師作品 | Comments(0)