人気ブログランキング |

山菜採りに行く。

会員さんと山菜採りに行ってきました。

b0398686_23045470.jpg
こごみ。




b0398686_23100929.jpg
タラの芽みーつけた♩

これも『ポキッ』と折る感触が楽しい^ ^

その他にもワラビ、白木の芽、ふきのとう、わけぎ、三つ葉、アイコ、沢山見つけて思うままに収穫しましたが、翌日の下処理が憂鬱です…。

料理屋さんやってる会員さんに少しおすそ分けしました。

収穫の後は温泉に入り、仮眠して帰りました。
往復運転して下さった会員さんに感謝感謝です。

# by tabibitonoki_i44 | 2019-04-21 23:04 | その他いろいろ | Comments(0)

庭仕事。クワズイモ。

私は『クワズイモ』という植物は、冬になると葉が全部落ちて春にまた新しい葉が出てくるものだと思っていました。

ずーっと前に会員さんに頂いたクワズイモの苗。
『外で大丈夫ですよ』
と言われたのでベランダに出しっぱなしで毎年冬に全ての葉が枯れボロボロ…。

しかし最近テレビでお洒落なお家のクワズイモの葉がみずみずしく生い茂っているのを見て、外に置くのは間違いだったと気付いたのです。

↓テレビで見たクワズイモ、こんな感じでした。
b0398686_22442248.jpg



さっそく昨日、教室のクワズイモ(葉無し)を植え替えてみました!
b0398686_22454784.jpg
よし、新しい葉も出てきているし、これからは室内育てます。

この植木鉢はもちろん教室で作ったもの。
口の周りの模様が会員さんにも好評です^ ^



葡萄の葉もどんどん出てくる♪
b0398686_22481281.jpg



# by tabibitonoki_i44 | 2019-04-18 22:40 | 教室百景 | Comments(0)

作品展のDM

ここ数日、暖かくて過ごしやすいですねー^ ^

さぁ、5月の作品展がじわじわと迫って来ていますので、DMのレイアウトを考え始めました。

b0398686_17061175.jpg
なるべく分かりやすく、年配の方にも見やすく。(文字大きめで)

そして肝心の写真が全く良いものがないので、月曜に撮影に来ようかなぁ。

器を並べてお洒落な雰囲気の写真を撮るの…苦手です。
でもまぁ楽しんで頑張ります。

DMにもちょこっと書いてありますが、25日の土曜日限定で、出張カフェ『ルバーブ』さんに来てもらうことになりました!

当日はハンドドリップの美味しいコーヒーを飲みながら、ゆっくりと作品をご覧になって下さい^_^

お天気が良ければベランダにも植木鉢の販売コーナーを作ろうと思っています。
広いベランダで椅子に座ってのんびりとお楽しみください!



# by tabibitonoki_i44 | 2019-04-17 17:05 | イベント | Comments(0)

アクセサリーパーツ。

b0398686_23260510.jpg
アクセサリーパーツを製作中です。

雲形定規を使って、思いのままにタタラを切り抜いていきます。
コテやカンナを使って抽象的な柄をつけると、縦でも横でも好きな方向で使えるアクセサリーパーツの出来上がり!

具体的な形に仕上げないのがポイントです^ ^

ブローチやヘアゴムにして、こちらも作品展で販売する予定。

# by tabibitonoki_i44 | 2019-04-16 23:25 | 販売 | Comments(0)


今日は短冊形に切った土を使った箸置きの作り方をご紹介します。
b0398686_13280726.jpg


箸置きも好き勝手に作るとギフトボックスに入らず役に立たない(売れない)という事が最近になってやっと分かったので、場所を取らない短冊形の箸置きを作ってみることにしました。

これなら5個セットでコンパクトにまとまる!


まずはタタラを短冊形に切ります。
b0398686_13173981.jpg
半磁器で作ったので、結構扱いづらいです…。


b0398686_13221927.jpg
手拭いを使うと上手に形が整います。

手拭いで包んだ上から、指で角を軽く撫でます。


b0398686_13233019.jpg
そしてここが最大のポイントなのですが、ねじる時にも手拭いに包んだまま作業します。

こうする事で土が空気に触れないので、変形時に切れない。

陶芸経験者ならご存知と思いますが、タタラを変形させる時に、そのまま手で持ってやるとブツブツ切れてしまうんです。
マグカップの持ち手とか、曲げた拍子に切れてしまう!という方は是非お試しください。


b0398686_13262273.jpg
きなこ棒のようなステキな形が出来上がりました。

乾燥や焼成での変形を考慮して、少しきつめに巻いています。

このままゆっくり乾燥。
もっと固くなったら底の処理をします。

# by tabibitonoki_i44 | 2019-04-13 13:17 | 技法 | Comments(0)